ブログ

ギャンブル

ギャンブルおよびリスクテイクに関する国際カンファレンスは、1974年から開催されています。ギャンブル研究の生みの親であり、先見の明を持っていたビル・イーディントン博士のリーダーシップの下で誕生しました。

同カンファレンスは、世界で初めて研究を中心としたカンファレンスであり、ギャンブルに対して未来的で優雅なアプローチを採用しています。世界中からギャンブル業界の専門家らが集結し、様々な観点から業界の検証を行い、革新的なギャンブル手法の考案に取り組んでいます。

ギャンブラー

研究者、業界の有力者、規制当局、プロのギャンブラーが一堂に会し、成長を続けるこの国際産業の未来について議論を行います。新たな思考プロセスが生まれ、創造性や変革力が高まり、ベテランのギャンブラーたちは分野の垣根を超えた様々な知見を得ることができます。

同カンファレンスは3年に1度開催されており、次回は2022年に開催が予定されています。世界最高峰の知識人たちが集うなか、ギャンブル業界の優れた頭脳を持つ人々が、自らの最先端の研究を披露する場となっています。

2019年の前回は17回目の開催で、34カ国から550人以上が参加しました。公共政策、心理学、経済学、治療、社会科学、数学などが議論のテーマとなりました。5月27日から30日にかけて、ラスベガスのシーザーズパレス・ホテル・アンド・カジノで開催されました。

発表された論文の中でも特に興味深かったものは、消費者保護、ギャンブル問題、eスポーツ、有線法に関する判決無効化の影響、大麻とギャンブル政策、カジノにおける女性従業員の安全性確保といったテーマでした。UNLV国際ゲーミング協会(IGI)が、カンファレンスを主催しました。プレゼンテーションを行ったのは300名で、スポーツベッティングおよびファンタジースポーツと、それに関連する政策や、消費者保護、規制、衝動的なギャンブルなどについて発表が行われました。また、IGIの専門家らがeスポーツ、ゲーミングに関する政策、スポーツベッティング、ゲーミング業界における女性、ゲーミングホスピタリティの素晴らしさなどについて議論を深めました。

控えめなギャンブル

UNLV国際ゲーミング協会は25年以上にわたり、数々の研究ベースのソリューションや、最先端の知見、ゲーミング業界に関する重要な教育などを世界中で提供してきました。同協会は、ゲーミングおよびホスピタリティにおけるイノベーション、規制及び政策、節度のあるギャンブル、eスポーツなどの分野で数々の功績を残してきました。また、UNLVは自分たちの研究を世界中で少なくとも50の国や地域に提示してきました。

Read more

1/1